台風コロッケとは?由来は?何か意味はあるの?

台風

台風になると
コロッケを買って食べる、
というお話を聞いたことはありますか?

スーパーなどでも
一部のお店では台風がやってくると
コロッケはいかがですか?などと値札に
書いてあるようなところも時々あります。

では、台風の際にコロッケを食べて
何の意味があるのでしょうか。
そして、どうして台風の際にコロッケを
食べる風習があるのでしょうか。

その謎に迫ってみたいと思います。

どこで生まれた風習なの?

台風の際にコロッケを食べる…
これは一体どういういきさつで
生まれた風習なのでしょうか。

調べてみると、
この言葉のベースとなったのは
2001年8月に、有名掲示板で
行われた書き込みが元になっているとのことですね。

ネットから生まれた言葉で
現在ではその元ネタを知らない人にまで
広まっている(ある程度)有名な言葉になった、
ということです。

元となった書き込みと言うのが
当時の台風接近時に書き込まれた
”念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしまいました”
という書き込みのようです。

台風に備えてコロッケを買う…
台風の日になぜコロッケなの0か、
16個という個数や、3個食べたという記述や
色々と突っ込みどころがあるような気もしますが、
とにかく、この書き込みがきっかけとなって
台風コロッケという文化が
広がったみたいですね。

一つの書き込みから、
今やスーパーなどでも一部使われるほどになるとは
凄いものです。

意味はあるの?

台風の日にコロッケを食べる…
意味はあるのかどうか。

まぁ、冷たいことを言ってしまえば
”特に意味はありません”
なんとなく、食べる。
それだけのことですね。

台風の日には外出するのも
危険な荒天になることもありますから
荒天になる前に食材を確保しておく、
という点では意味がありますが
別にそれはコロッケでなくても
良いわけで、
単純にネタとして、楽しむために
購入する、という意味合いになりますね。

特に深い意味はありませんし
食べなくてはいけない、なんてこともありません。

ネット上で
ツイッターなどに上げて
話題を作ったり、
そういった話題作りには
良いかもしれませんね。

無理して買いに行かないように!

安全面のことを考えるのであれば
無理してコロッケを買いに行ったり
しないようにして下さい。
ネタ作りのためにけがでもしてしまったら
それこそ本末転倒ですから
その点は注意するようにしましょう。

台風が直撃したり
台風の影響が出る前に
備えとしてコロッケを買っておくのは
別に良いと思いますが
台風の影響が出始めてから
コロッケを買いに行くのは
危険ですからやめておきましょう。

自宅に食糧が全くないのであれば
話は別ですが
自宅に食糧があるのであれば
危険を冒してまで「台風コロッケ」を
買いに行く必要はありません。

台風の日の外出は非常に危険ですし
場合によっては怪我などに繋がって
しまう可能性もありますから
必要のない外出をわざわざする必要は
ありません。

品切れしやすい

人間は、なんとなくネタにされていると
買ってしまったり、
スーパーなどでおすすめのポップが出ていると
ついつい購入してしまうものです。

そのため、台風の日には
通常よりも地域によってはコロッケの
品切れが起きやすい可能性があります。
もしも、コロッケを買うのであれば
品切れの可能性も視野には
入れておいた方が良いかと思います。

ムキになって買う必要はありませんが、
もしも食べたいのであれば
早めに確保しておいた方が良いでしょう。

お店側としては…

お店側としては由来はともかく
売れるチャンスがあれば何でも
利用したいものです。

そのため、台風に備えてコロッケはいかが?
だとかそんな風な言葉を値札に
つけているようなお店もあるにはあります。

何も書いてないよりも、そういった
ユーモアのある方が売上的には
プラスになるでしょうし、
実際に台風の日にコロッケが品切れしたという
お話も見かけたことがあります。

お店関係者の立場からするのであれば
このチャンスを逃す手はありません。
ネットの言葉を使うのはちょっと…
という人もいるとは思いますが、
元ネタがどうこう関係なく、
元ネタ自体も別に悪い意味で
使われているわけではありませんから
遠慮せずにお店の販促に利用
していくと良いと思います。

無理は禁物。よく考えることは大切

上でも書いた通り、台風が直撃している際などに
無理してコロッケを買いに行くことは厳禁です。
台風直撃時にコロッケを食べないと
命を落してしまうわけではありませんから
その点は、冷静に対応するようにしましょう。

また、台風コロッケという言葉に
惑わされて、必要以上にコロッケを
購入したりしてダメにしてしまったりだとか
そういったことはないようにして下さい。

お金も無駄ですし
食べ物を粗末にしていますし
良い事は何もありません。

ネタとして楽しむのは
良いですが、ちゃんと身の安全と
節度は守るようにしましょう。

まとめ

台風コロッケ…
私も由来を特に知らなかったのですが
ネットから生まれた言葉、
ということですね。

今やスーパーなどのネタにも
使われているぐらいですから
一つの言葉がとても広い範囲に
広がった事例と言えますね。

ちなみに。現実的なことを言えば
台風の時にコロッケを食べることに
特別な意味はありませんので、
その点は勘違いをしないようにしましょう。

台風の日に食べるコロッケも
普通の日に食べるコロッケも
同じコロッケです。
特別な効果(?)などはありませんから
その点はちゃんと覚えておきましょう!

コメント