窓際は雷が落ちる?窓際にいるのは危険なのかどうかを解説!

雷が鳴っている際には、
屋内に避難することが
基本的な安全対策になります。

ですが、屋内に避難したから
100パーセント安心なのか、と言われると
決してそうではなく、
場合によっては、屋内であっても
危険な場所、というものも存在しますから
そういった場所についてはしっかりと覚えておき、
理解をしておかなくてはいけません。

「窓際」も、安全ではない場所のひとつになりますね。
では、どうして危険なのか、という点などに
ついて、それぞれ解説をしていきたいと思います。

窓際って危険なの?

確率の問題から言うのであれば、
外にいるよりかははるかに安全ですし、
大抵の場合は何か起こったりすることはないでしょう。

ただ、絶対安全なのか、と言われると
答えはNoですし、建物の中の
窓際にいる場合と、そうでない場合を
比較するのであれば、窓際の方が
はるかに危険性が高まってしまう、というのも
また事実です。

危険か、安全か、で言われれば
”屋内の中では比較的危険な場所”というのが
その答えになりますので、
注意はするようにしておきましょう。

どうすればいいの?

答えとしては簡単です。

できれば、窓際から離れること、これだけですね。
窓際から離れれば、
より安全性も高まりますし、
どうしても窓際にいなくてはならないような
特別な事情でもない限りは、
窓際から離れる、ということを
強くおすすめします。

後述するような危険性も
あるにはありますし、
可能性は低いですが、0ではありませんから
自分の身をより確実に守りたいのであれば
窓際にいるべきではありませんし
どうしても窓際にいないといけない!
という理由がないのであれば、
わざわざ窓際に居座ったりせずに、
窓際から離れるようにしましょう。

窓を開けている場合はより危険

窓際にいるだけでも危険性は
高まりますが、窓が開いている場合は
より危険になります。

雷が鳴っているような状況では
雨も降っているケースが多いと思いますから
窓をフルオープンにしているような
家庭は少ないとは思いますが
もしも窓を開けているような場合、
近くに落雷すると、
窓から雷が侵入してしまう
可能性も0ではありません。

雷はまっすぐ一直線に落ちてくるのではなく、
ジグザグに落ちたりと、不安定なカタチで
落下します。

稲妻の画像や、実際に稲妻を見たことのある人も
多いかと思いますが
稲妻は一直線ではなく、ジグザグに
動いていますよね?

つまり、窓を開けてその近くにいる場合
自分自身が雷に打たれてしまうことになる
可能性も十分にある、ということです。

もちろん、わずかな可能性ではありますが、
それでも開けた窓の近くに
立っているということは
危険性を伴う行為です。
そのようなことで怪我をしてしまったり
命を落としてしまったりしたら
本当に悲しいことですから、
窓はしっかりと閉めておき、
その側に近寄らないようにする、
ということがポイントになります。

窓を閉めていた場合でも…

仮に窓をしっかりと閉めていた場合であっても
油断はしてはいけません。
窓の側にいることで、雷の影響を
受ける可能性が高まるのは事実です。
近くに落雷した場合、感電などの影響が及ぶ
可能性も0ではありませんし
窓ガラスなどが万が一(他の要因の可能性もあります)
割れてしまった場合、怪我をする可能性もあります。

そのため、窓を閉めていたとしても、
やはり、窓の側にそのままたたずむ、
ということはおすすめできない行為ですし、
できる限り窓から離れる、ということが
大事な部分になるかと思います。

窓の側にいなくてはいけない理由なんて
基本的にはないと思いますから
しっかりと窓から離れるようにする、
ということが身の安全を守るために
大切なポイントのひとつになってきます。

あまり神経質になりすぎる必要はありませんが
可能であれば、窓から離れておくように
した方が利口なのは事実です。

ガラスが割れた場合も危険

窓ガラスの付近にいることは
落雷云々もそうですが
悪天候の際には
「万が一ガラスが割れた場合」の危険性もあります。

例えば、台風による雷の場合、
台風の風圧によって
ガラスが割れたりする可能性も十分にありますし、
台風の風によって何かが飛ばされて
ガラスが割れてしまい、窓の側にいることで
怪我をしてしまう可能性も十分に考えられます。

また、台風による雷でなくとも
雷が鳴っているタイミングは
大気の状態が不安定になっており、
急に変な風が吹いたりしてしまう
可能性も十分にあります。
何かが窓ガラスにぶつかれば
ガラスは割れてしまう可能性も高いですし、
そうなってしまった場合、
窓の側にいれば、当然のことながら
怪我をしてしまいます。

そのようなことにならないためにも、
やはり、窓からは出来うる限り離れておき、
なるべく近づかないようにする、
ということが大切なポイントになるのは
紛れもない事実です。

まとめ

雷に限らず、悪天候の際には、
窓ガラスからなるべく離れるようにする、
ということが身の安全を守るための
大きなポイントになります。

可能性としてはどれも
低いものではありますが、
万が一、落雷による影響を受けたり
割れた窓ガラスによって怪我を
してしまったりした場合は、
大惨事になることも十分に
考えられるわけです。

そのようなことになってしまわないためにも、
自分の身はしっかりと自分で
守るようにし、
窓からは出来る限り距離を取るように
した方が、良いかと思います。

何か起きてから後悔したのでは
本当に遅いですからね。
しっかりと注意しましょう!

コメント