落雷後にエアコンが動かない!対処法は?エアコンを守る方法は?

落雷は、家電を破壊する可能性のある
恐ろしい自然現象です。

また、落雷が近くに発生していなくても
停電などによって
中途半端なタイミングで家電の電源が
切れてしまうことによって、それが故障の原因に
なってしまうようなことも十分に考えられることです。

それは、エアコンとて例外ではありません。
落雷の発生後にエアコンが動かなくなったりだとか
そういったことは実際に起こることです。

では、もしも動かなくなってしまった場合は
どうすれば良いのかどうか、
エアコンが壊れてしまった場合はどうすれば良いのか、
守るためにはどうすれば良いのか、
それぞれご紹介していきたいと思います。

落雷がエアコンを故障させる!

そんなことあるの?と思う人もいるかもしれませんが、
落雷によるエアコンの故障は実際に起こることです。
これは、エアコンに限った話ではなく、
他の家電製品でも同じことで、
落雷によって雷サージというものが発生し、
家電が壊れてしまうのです。

これは、自分の自宅に落雷が直撃していなくても
付近に雷が落ちるだけで発生することがあり、
案外、家電というものは簡単に壊れてしまうものです。

しっかりと対処法を知っておきましょう。

エアコンが動かなくなってしまった場合

まず、エアコンが動かなくなってしまった場合は
どうすれば良いのでしょうか。

基本的に、対処法としては
”コンセントを抜いて、しばらく待ち、その後に再び
 コンセントをさして電源を入れる”
ということだけですね。

これで治れば、一時的にバグが起きていただけだと思いますから
心配はいりませんが
(実際に私もそういう経験があります)
もしも、その手順を踏んでも、エアコンが返事をしないような場合、
エアコンが雷によって故障してしまった可能性は非常に高いです
(大丈夫だとは思いますが、リモコンの電池が切れていた!
だとかそういう初歩的な部分には注意しておきましょう)

その場合は、エアコンを修理したり
買い替えたりする必要が出てきます。

壊れないようにするためには?

エアコンが落雷によって
壊れてしまわない為にはどうすれば良いのでしょうか。
基本的な対処法と言えば
「他の家電製品と同じ」です。

つまり、電源を落としてコンセントを抜く、という方法ですね。
ただ、エアコンのコンセントはなかなか
気軽に抜けない場所にささっていたりすることも
あるかと思いますし
真夏は、冷房を切るのもつらい!という人も
いるかと思います。

その場合に関しては後述の方法を利用
していくのが良いかと思いますが、
もしも、エアコンを切ってもいいかな、と思うのであれば
エアコンを切っておくようにしましょう。

ただし、この時に注意をしなくてはいけないのが
「エアコンの電源を切るだけでは意味がない」ということですね。

もちろん、エアコンの電源を切ることも
大事なことのひとつになるのですが、
それだけでは近くに落雷した際に影響が
出る可能性を無くすことはできません。
電源をつけているときと同じように
雷によって、エアコンが壊れてしまう可能性があります。

では、どうなってしまわないためには
どうすれば良いのか。

方法としては「コンセントを抜く」ということです。

コンセントが繋がっている以上、
電源を切っていても、そこから落雷による
電流が流れ込み、エアコンが故障する可能性は
残ります。
そのため、電源を切るだけでは効果がない、ということになります。
せっかく暑い(寒い)のを我慢しても、
それでは意味がないですから、どうせエアコンの電源を切るのであれば
電源を切るだけではなく、しっかりと、
エアコンのコンセントを抜くようにしましょう。

今一度確認になりますが
「電源を切る」だけでは意味がありませんから、
その点には注意して下さい。

電源を切りたくない場合、切るのが難しい場合

コンセントの配置などから、気軽にコンセントを
抜くことができないようなご家庭もあると思いますし、
エアコンを切りたくない!という人もいるかと思います。

そんな場合の対策としては「雷サージ」から
家電製品を守ることのできる
「雷サージ対策」が施されたタップなどを利用して
エアコンが雷によって故障してしまわないように、
事前に対策をしておきましょう。


ELPA エルパ 耐雷サージ機能付フロントタップ 3個口 A-350SB(W)

こういったものを利用すれば
100パーセント守れるとは限りませんが、
何もしていないよりも圧倒的にその安全性は
高まります。
価格も1000円前後(安ければ数百円)で購入
することが出来ますから
エアコンが故障してしまった場合にかかることになる
費用を考えれば圧倒的に安いと思いますし
安心してエアコンを利用するためにも
こういったものは用意しておくと良いかと思います。

エアコンに限らず、コンセントを抜くことが難しい家電などには
こういったものを利用するようにしておくと、
いざというときに安心です。

まとめ

エアコンに限らず、雷によって
家電製品はいとも簡単に故障してしまいます。

そして、もしも雷が原因で故障してしまった場合、
基本的にはメーカー保証の対象などにはなりませんから、
自己責任ということになってしまいます。
そうなれば、買い替えるにしても、
修理するにしても莫大な費用がかかることに
なってしまいます。

そういった点にはしっかりと注意しておき、
エアコンが壊れてしまわないような対策を
しっかりしておくことは大事になるかと思います。

もし壊れてしまってから後悔しても遅いので、
その点は忘れないようにしましょう。

コメント