火山を知る!火山の知識と噴火への対策情報まとめ!

火山

火山は、
”活火山”に分類されているものだけでも
100を超える数、日本に存在しており、
各地に存在しています。

地震のように頻発するものではありませんが、
大噴火などを起こしてしまえば
甚大な被害を引き起こしてしまうのが火山の噴火です。

有名な富士山も活火山の一つであり、
いつ噴火してもおかしくはありません。
(※すぐに噴火する、という意味ではなく
明日でも、100年後でもおかしくないという意味です)

そのため、日々の生活は、火山とは切っても
切り離せない、というのも事実なのです。

火山について知っておくことの大切さ

火山について、日ごろから知識を蓄えておく、
ということはとても大切になります。
そこまで神経質になる必要はありませんが、
火山の噴火に関する知識や、もしも噴火してしまったら
どうすれば良いのかなど、
簡単にでも良いのである程度知識を蓄えておくと、
いざ、火山が噴火してしまった際に、
大きな助けとなるかと思います。

また、防災グッズなどを事前に用意しておくことも
大切なポイントの一つになりますね。

噴火は、場所にもよりますが、人生の中で
一度もその被害を受けたことがない!という人も
いるかと思いますし、
なかなか身近な存在ではない!という人もいるかと思います。
しかしながら、現在でも火山が噴火している場所は
ありますし、富士山だって、過去には大きな噴火を起こしています。

「自分の人生には無関係だ」と思っている人もいるかもしれませんが
必ずしもそうではありませんし、
今後、噴火に巻き込まれる可能性も十分にありますから、
知識だけは蓄えておいても損ではないか思います。

火山と噴火についての情報をまとめてみたので、
参考までにどうぞ

火山の知識

火山の知識についての情報をまとめました
”噴火前”の知識は下記のそれぞれのページをご覧ください

活火山とは?
活火山、という言葉は聞いたことがあるかと思いますが、
果たして、この”活火山”に分類されるためには、どのような条件を満たす必要が
あるのでしょうか。活火山=活動が活発な火山かと言えば、必ずしも
そうではない、といのが事実になります。

寿命はどのぐらいなの?
火山にも寿命と言うものがあります。
永遠に火山活動を続けるわけではありません。いつかはその活動を
終える時が来ます。では、火山の寿命とはいったいどのぐらいなのか、
火山が寿命を終えたことを見極めることはできるのかをまとめていきます。

噴火の知識

万が一、火山が噴火してしまったら?
”噴火後”の知識も備えておくと、いざという時のための
頼りになります。

火山灰の健康被害
火山が噴火してしまったのちの火山灰は、人体に重大な
健康被害を及ぼす可能性があります。では、火山灰は人体に
どのような影響を及ぼすのでしょうか。
火山灰による影響をまとめました。

日頃から出来る噴火対策
万が一火山が噴火してしまった際に備えて、日頃からできることは
あるのでしょうか。日頃から出来る噴火対策をまとめておきました。
いざと言う時のために、噴火してしまったあとのことも、しっかりと考えておくことは
大切なことになります。

富士山の噴火はいつ?
日本の象徴とも言える富士山も活火山であり、噴火する可能性のある火山です。
富士山が噴火を起こした歴史も実際にあります。最近では噴火する噴火するなどと
言われ続けていますが、果たして富士山はいつごろ噴火するのかどうか、それについて
正しい知識を身に着けておきましょう!

噴火警戒レベルとは?
火山には噴火警戒レベルというものが存在しており、5段階のレベルによって
その危険度が現れています。火山噴火の警戒レベルについて知っておくことによって
自分が今、どのように行動すれば良いのかの目安にすることもできますから
知識として、覚えておいて損ではないかと思います。

噴火予知はデマ
富士山をはじめとする火山の噴火を予知するような週刊誌やサイトなども
存在していますが、これらはデマ情報です。
惑わされないように注意するようにしましょう。備えは必要ですが、根拠のない
でたらめで不安を感じる必要はありません。

メリットはあるの?
噴火など、暗いイメージが先行してしまう火山。
火山が人間にもたらす利点はあるのでしょうか?

火山に対して備えるには?

火山に大して日常的に備えるには
火山や噴火に対する知識をある程度(専門的なことまで覚える必要はありません)を
身に着けておくこと、防災グッズなどを用意しておくことでしょうか。

それ以上のことは事前にはしておくことはできないので、
あとは噴火がないことを祈るのみです。
ただ、必要以上に不安を感じたりする必要はありません。
自然現象は人間にはどうすることもできないことですから、
最低限の備えをしておき、後は気にし過ぎずに日常を過ごす、
というのが一番良い事だと思います。

まとめ

火山の噴火は時に大きな被害を生み出します。
富士山をはじめ、今後の噴火が懸念される活火山は
たくさんあるのです。
とは言え、事前にできることは限られていますし、
毎日毎日「噴火しないかな…」なんて不安に思ってしまう
必要はありません。
できることをしておき、後は運に任せるしかないでしょう。

ただ、実際に噴火してしまった際のために知識を
蓄えておくということは大切なことだと思いますし、
いざと言う時に役立つ知識となるかもしれません。

コメント