雷を怖がる子供にはどう接すればいいの?子供の恐怖を減らすために…

雷は子供にとってもとても恐ろしいものです。

反応は子供によって様々ですが
怖がる子供は怖がるでしょうし
大泣きしてしまうような子供もいると思います。

無反応な子だったり
むしろ雷を喜んでしまうような子であれば
その心配はいりませんが
怖がってしまう子供に対しては
親や周囲の大人が何らかの言葉を
かけてあげたり、対応をしてあげる必要が
あるかと思います。

では、雷を怖がってしまう子供に対して
どのように対応をしていけば良いのでしょうか。

怖がる子供を落ち着かせるために…

雷を怖がる子供…と一言で言っても
その子供によって怖がり方は違いますし
何を怖がっているのかも異なってくるかと思います。

例えば、雷の「音」を怖いと感じている子供いれば
雷の「光」の方が怖いと感じている人もいるでしょうし、
両方の可能性だってあります。

また、どのぐらいの恐怖心を抱いているのか、
ということも違ってくるかと思いますから、
どうすれば子供が怖がらないか、ということも
その子供によって様々です。

では、どのように子供を落ち着かせれば良いのか。
その方法を見て行きましょう。
(子供によって効果がない方法もあるかと思いますから
相手の子供に応じた方法が必要になるかと思います)

恐怖の元凶を遮断する

雷の怖い部分はどこか。
これは、考えてみればすぐに分かります。
「音」あるいは「光」でしょう。
どちらか片方、あるいは両方とも怖い、のどれかに
なるかと思います。

そのため、子供の恐怖心を取り除くための
一番手っ取り早い方法は、光と音の両方を
なんとかして遮断してしまうことになりますね。

まず、光に関しては、
窓が無い部屋がご自宅内にあるのであれば
そこに移動するのが良いかと思います。
また、雨戸などがあればそれを閉めてしまえば
光に関しては見えなくなるでしょう。

次に音。
音に関してはまったく聞こえないようにするのは
難しいですが、音楽や他の音でごまかしたり
音が聞こえないよう耳栓を使ってあげたり
することも一つの方法にはなるかと思います。

環境次第では遮断は難しいとは思いますが
音か光、あるいは両方を遮断できるのであれば
遮断してあげると良いかと思います。

安心させてあげる

親が大人、他の人間が側にいるだけでも
ある程度の安心材料にはなるあと思います。
何らかの言葉をかけてあげるだけでも
安心するでしょうし、
とにかく一人にしない、ということが大事になります。

雷がゴロゴロなっている状態で、
雷が苦手な子が一人にされてしまえば
それは当然、非常に強い恐怖を感じるでしょうし、
その点に関しては、大人の側も注意して、
とにかく、子供と一緒にいてあげること、
子供に声をかけてあげることを
忘れないようにすることが大事になります。

何か別のことに夢中にさせる

雷以外のことに集中させるように
上手く仕向けてあげれば
雷のことを忘れてくれる可能性も
0ではありません。

子供の好きなことをさせてあげたり、
何か見せてあげたり…

もちろん、雷の音や光が見えたり
聞えたりしている状況で雷のことを
完全に忘れる、というのは無理のあるお話には
なってしまいますが、雷のことを
ある程度忘れることであれば
充分にできるかと思いますし、
大人であっても”何か他のことをする”ということで
気持ちを紛らわせることはできますから
そういったことを狙ってみるのも良いのではないかと思います。

寝かしつける

一度寝かせてしまうことができれば、
人にもよりますが、そのままぐっすり眠れるような場合も
あります。
これは、その子供の個人差にもよるので、
なんとも言えませんが、
一度寝てさえしまえば、熟睡してくれるような子であれば
雷が鳴っている間だけでもお昼寝(夜ならそのまま本眠)
させてあげるのも一つの方法になるかとは思います。

ただ、子供によっては、雷の音や光が
していると寝れない!という子供も
いると思いますし、寝かしつけても
雷の音などですぐに目を覚ましてしまう
子供もいるかと思います。
この辺りはあくまでも個人差の問題であり、
雷が鳴ると起きてしまったりする子供に対しては
雷を怖がっていたら云々、という方法は
ザンネンながら利用することができません。
別の方法を考えましょう。

安全な場所に移動する

安全な場所に移動することも
子供を安心させる方法の一つであると思います。

住宅も十分に安全ではあるのですが
恐怖心的にも、落雷などからの防御の面でも
より安心なのは”大型施設”になります。

これは、雷に対する恐怖心が強い人全員に
個人的におすすめしたい対処法になりますが
”大型施設(デパートやスーパーなど)”に
移動してしまうことは非常に効果的な方法に
なるかと思います。
子供云々関係なく、
大人になっても雷が怖い!という人はいると思います。

そういった人であっても、
この方法を利用すれば、
ほぼ確実に雷に対する恐怖心を
一時的に消し去ることは可能であると思います。

理由としては、
まず”光が見えない”こと。
スーパーやデパートであれば
入り口付近であれば
ともかく、入り口から離れた場所にいれば、
窓がないようなところも多いですから、
雷の光が見えないことでしょう。

さらに”音が聞こえない”こと。
スーパーやデパートは店内BGMが流れているほか、
たくさんの人がいますから、
よほど大きな雷が鳴り、出入り口の近くにでも
いない限り、基本的に雷の音が聞こえる可能性は
低いかと思います。

このように、雷の恐怖の根源でもある
”光”と”音”が同時に排除されることになりますから、
雷に対する恐怖心はほとんどなくなるでしょう。
また、子供であれば色々な売り物やおもちゃコーナーなどが
あれば他のことにも集中しますし
”他の人がいる”ということも
安心材料のひとつに繋がってくるかと思います。

もちろん、深夜、だとか、そういった場合は
この方法は使えませんし、
雷が鳴り始めてからの移動は逆に
危険ですから、この方法を利用することのできる
タイミングが限られている、というのも
また事実ではありますが、
ひとつの方法としては覚えておくと良いかと思いますし、
この方法は雷への恐怖心が強い
大人にも使うことができる方法になります。

本当に、恐怖心はほとんど吹き飛ぶと思いますよ。
根本的な解決にはなりませんが
試してみるのも良いかとは思います

雷の危険性について教える

子供が理解できる年齢になってきたら
雷の危険性については
しっかりと教えておきましょう。

また、自宅にいれば基本的には
安全であるということも
しっかりと教えてあげられると、より安心では
ないかと思います。
雷について知らないよりかは
知っていた方が安心ですからね。

”家の中は安全”ということが
理解できる年齢になれば
子供の雷に対する恐怖心も
多少は和らぐかもしれません。
(大抵の場合は安全だと理解していても
 怖い時は怖いものですが…)

説明しても理解できないような
年齢のうちは仕方がないですが
ある程度そういうことが分かるような
年齢になってきいたら自宅にいれば
(基本的には)安全であることや、
雷が鳴った時は、屋内に避難した方が
良いことなどなど、雷についての基礎知識を
教えることができれば、より良いかとは思います。

まとめ

どのぐらい雷を怖がるかは、
その子供によって異なります。
全然怖がらないような子供もいるかと思いますし、
逆に泣きじゃくってしまうような
子供もいるかと思います。

このあたりは、個人差によるものになりますから
どうすることもできませんが
子供がどうしても雷を怖がってしまう場合に
関しては、ご紹介したようなことに注意しながら
対応をしていくようにすると良いかと思います。

コメント