台風のピークはいつなのか?要注意の時期について!

台風

台風は
毎年夏から秋ごろにかけて
発生し、日本に接近したり、上陸したりして
被害をもたらすことが多いです。

場合によっては甚大な被害を
もたらしたり、大きな影響を出すことも
あるので注意しなくてはいけません。

では、台風の影響を受けやすい
”ピーク”となる時期はいつごろに
なるのでしょうか。

その点についてお話をしていきたいと思います。

ピーク時期でもそうでなくても
注意しなくてはいけないのは事実ですが
ピークの時期には、特に注意をするように
しなくてはいけません。

注意すべきピークは?

台風のピークとなる時期は
毎年8月から9月ごろとなります。

もちろん、毎年同じ個数の台風が
きているわけではありませんから
その年によって、台風が多い年もありますし
逆に台風が少ない年もありますが、
一番台風が接近したり、被害を受けやすいのは
この時期になる、ということになりますね。

6月、7月、10月あたりも台風の個数としては
比較的多めな時期になりますから
そのあたりに関しても、注意をするように
していきましょう。

年中発生する可能性はある

ピークの時期は基本的に上で書いたような
タイミングとなりますが
それ以外のタイミングであっても
”台風が発生しない”わけではありません。
真冬であっても台風が発生する可能性はあります。

真冬の場合、日本に接近したり上陸したり
する可能性は限りなく低いですが
その可能性は0ではありませんから
その点は注意しておく必要があるでしょう。

あまりニュースになりませんが、
台風シーズンが終わっても、台風自体は
発生することはあります。

ピーク時は特に注意

上でも書いたような台風のピークと言われるような
時期ではいつも以上に注意をしなくてはなりません。
本当に次々と台風が発生するようなことも
ありますし、次々と台風が
やってくるようなこともあります。

最新の情報はしっかりと把握しておき、
台風の発生に気を配るようにしましょう。

また、台風が2つや3つ同時に発生することもあります。
全部が全部同じ進行方向に進むことは
あまりないですが、
立て続けに台風が直撃したり、
2つ以上の台風が不規則な動きをして
被害を広めたり、そういったことは充分に
考えられますから、その点には注意するようにしましょう。

時間帯は関係ない

台風のやってくる量や発生する個数は
時期的なものがありますが
”時間帯”については特に関係はありません。
朝でも、夜でも、タイミングがあえば台風は
直撃しますし、上陸します。
雷だとかゲリラ豪雨は時間帯によって
発生しやすい、発生しにくいも変わってきますが、
台風に関しては時間帯は関係なく、
現在台風がどこにいるか、ということによって
左右されますので、
朝であっても夜であっても、深夜であっても
台風の影響を受けることになることはあります。

どの時間帯であっても、台風の進路には注意し、
台風が近づいてきているような場合は、
しっかりと対策をしておきましょう。

ピーク時じゃなくても注意は必要

台風は先ほども書いた通り、1年中発生する
可能性のあるものになります。
そのため「ピーク」のタイミングでなくても、
注意することは必要になります。

台風シーズン以外の台風に関しては
その勢力も弱めで、
進路も日本に関係のないようなケースも
多くはなりますが、それでも直撃する
可能性は決して0ではありませんし、
もしも台風が直撃するようなことがあれば、
仮に勢力が弱い台風であっても
やはり危険な存在であることには違いありませんし、
注意するべきところは注意しておかなければいけません。

台風のピークとなるシーズン以外でも
油断はしないようにした方が良いですし、
もしも台風が発生してしまった場合に関しては
しっかりとその最新情報を入手するようにして
台風被害を受けないように、注意していくようにしましょう。

全体的に夏の方が…

台風に限った話ではありませんが、
雪を除けば全体的に、気象状況が
荒れるのは夏の方になるかと思います。

特に雪がほとんどない地域においては
この傾向はより一層強まるでしょう。

台風のシーズンであることはもちろんですが
台風以外にも
ゲリラ豪雨が発生するのも、ちょうど台風シーズンと
同じ時期になりますし、
竜巻や雷、そういったことが発生するのも
この時期になるかと思います。

夏であれば雪の心配はほとんど
ないかとは思いますが、
雪以外の気象状況については
遥かに夏の方が荒れる可能性は
髙いと言えます。

そのため、台風もそうですし、
その他の異常気象や
ゲリラ豪雨・竜巻などに関しても
夏場の、特に暑い時期に関しては
要注意となります。

もちろん、どれに関しても、
真夏や、シーズン中以外でも
注意は必要になりますが
夏場はその中でも特に
注意するようにしましょう。

夏から秋にかけては特に要注意です。

まとめ

台風のピークとなるのは
8月から9月ごろと、その周辺になります。
特にピークとなるシーズンでは本当に
次から次へと台風が発生してしまうようなことも
ありますから、しっかりと注意
しておくようにしましょう。

今までの台風は大丈夫だったから、
などと油断していると、いつか大きなダメージを
受けることになってしまったりする可能性も
充分にありますから、
1個1個の台風ごとに油断することなく
しっかりと注意をするようにして
やっていくようにしましょう。

台風でもそうですし、他のどんな自然現象でも
そうですが”油断”をすることは
怪我や身を危険に晒すことにつながってしまいますから
要注意になります。

コメント