大雪の際には、どんな場所に避難すればいいの?

雪関係

大雪の際には、
外にずっといると
危険を伴う場合もあります。

できることであれば、
安全な場所に避難する、というのが
一番の対策になりますし
自分の身を守ることにもつながります。

では、大雪の日に身を守るためには
どのような対応をしていけば良いのでしょうか。
大雪から身を守るための”安全な場所”について
解説していきたいと思います。

身の安全を確保することはとても
大事なことですから、しっかりと
理解しておきましょう。

基本的には…

大雪の際には、基本的には
不要不急の外出を控える、というのが
一番安全なポイントになるかと思います。
他の悪天候の時と同じように、
屋外にいるよりも基本的には
屋内にいたほうが、安心、と
そういうことになります。

そのため、できる限り、
外出しなくても良いときであれば
外出せずに家の中にいる、
ということが安全のための方法になります。

ただ、家が100パーセント安全か、
と言われればそういうわけでもありませんから
さらなる身の安全を確保する方法と
ポイントをご紹介していきます。

できるだけ頑丈な建物に

自宅などでも安全ではあるのですが
できる限り頑丈な建物に避難することで
より高い安全性を確保することができます。

例えば大型のスーパーだとかデパートなど
そういった場所であれば
自宅にいるよりもはるかに安全ですし、
雪による事故に巻き込まれる可能性は
ほぼ0になるかと思います。

そのため、一番安全なのは
”頑丈な建物に避難する”ということですね。

これは、台風だとか雷だとか
気象関係の自然災害となりうるものには
非常に有効的になります。
もしも近隣に頑丈な建物があるのであれば
そういった場所に避難することも検討
してみると良いかもしれません。

避難場所があるのであれば

地域によっては、予め
避難場所に指定されているような
場所があるかと思います。
そういった場所を事前にしっかりと把握
しておき、もしもの時は利用できるように
しておくと、より安心なのではないでしょうか。

避難場所とされている場所は
基本的にはある程度頑丈な建物に
なっていると思いますから
自宅では不安な場合や
自宅では危険だと判断した場合に関しては
避難場所への避難を検討することをおすすめします。

なお、避難するのであれば、
できるだけ早い段階での避難を
心がけましょう。
積雪してしまってから避難しようとしたのでは
なかなか難しい場合もあるかと思いますからね…。

外で安全を確保するためには?

雪が降っている際に
外で安全を確保するにはどうすれば良いのか。

基本的には、雪が降りだしたからと言って
ただちに危険なわけではありませんが
雪が降り続いたりして、大雪になれば
場合によっては危ないこともある、
というのが事実になりますね。

大雪になった際に
どうしても屋内に移動できないのであれば、
「危険な場所には近寄らないように」しましょう。
例えば、路面凍結してしまっている場所を
自転車やバイクで通過するのは非常に危険ですし、
徒歩であっても、そういった場所は転倒してしまう
危険性もあり、非常に危険な場所になってしまいます。

また、川などの水辺は
川が凍りついている可能性もありますが
増水している可能性も十分にありますし
そういった場所の近くを歩いていることで
思わぬトラブルに巻き込まれてしまう
可能性も十分に考えられます。

他にも、雪崩が起きてしまいそうな箇所だとか
そういった場所は、避けた方が良いですし、
土砂崩れなどが発生しそうな場所に関しても
しっかりと回避していくことが重要になります。
くれぐれも、危険な場所に足を運ばないように、
注意して下さい。

外出してもいいの?

大雪の日に外出するのかどうかは自由です。
ただ、転倒の危険性だとか、
雪崩だとか、そういったことには
注意をしなければいけませんし、
先ほども書いたように、土砂災害などの
リスクもありますから、そこの点は
覚えておかなくてはいけません。

身の安全にしっかりと注意しながら
外出するようにすると共に
交通機関などが止まっている可能性も
ありますから外出する前に確認するべきことは
しっかりと確認して、やっていくようにしましょう。

用がなければ外出しなほうがいい!

雪の日には、用がないのであれば
外出しない、というのが一番の安全対策になりますし、
一番効果的な方法になります。
上でも書いた通り、やはり、屋内に避難している方が
安全ですからね。

そのため、不要不急の外出に関しては
控えるようにし、屋内で過ごしていた方が
安全と言えば安全です。

ただ、積雪状況によっては
建物に被害をもたらしたりする可能性もありますし
雪かき中の事故なども実際に起こっていますから、
そういった部分に関しては、注意をしなくては
いけませんね。

まとめ

大雪が降っている時に
避難するべき場所としては
「頑丈な建物」になります。
もちろん、普通の住宅でも十分安全は
確保できますが、それ以上に
一番安全なのは、頑丈な建物になりますね。

よほどの大雪が降らない限り、
被害が出るようなケースはごくわずかですが
少しでも安全性を確保したいのであれば
やはり、屋内に避難するよう、
心がけておいた方が良いですね。

外出する際には転倒だとか
交通機関の運行状況だとか
色々な部分に注意をするようにし、
しっかりと対応していけるように
心がけて下さい。

怪我をしてしまってからでは
遅いですから、大雪の日は特に、
自分の安全のことは
しっかりと考えて、身の安全を守るための行動を
していくようにしましょう!

コメント