雪によって起きる災害とは?どのようなことに注意すればいいの?

雪関係

雪は時に自然災害を引き起こします。

子供の頃は雪だるまを作ったり
かまくらを作ったり
雪合戦をしたり
楽しいイメージが多かったかもしれませんが
実際の雪はそんなに優しいものではなく
時に人間に牙を剥く存在で
あるのも事実です。

では、雪によって引き起こされる自然災害には
どのようなものが
あるのでしょうか。
その点について
お話をしていきたいと思います。

雪は危険な一面も持っていますから
雪による災害に巻き込まれたり
してしまわないように、
注意をしていきましょう。

雪によって起こる被害

雪は、色々な部分で
人間に被害を及ぼす可能性があります。
命に関わるような危険なものもありますし、
日常生活に支障を出すようなものもあります。

決して綺麗なだけではありませんし、
人間の生活に直接的に
被害を及ぼす可能性のある恐ろしいもの、
ということになります。

では、どのような雪による被害が
考えられるのか、
その点についてのお話を
していきたいと思います。
見て楽しむのも良いですし、
遊んで楽しむのも良いですが
雪にはそういう一面があるということは
ちゃんと理解し、把握しておきましょう。

交通機関への影響

まず、一番日常的に多くの人間に
影響を与えることとしては
”交通機関への影響”になりますね。

雪が降ると
交通機関が大幅に乱れる可能性があります。
電車は運休になったり、運転見合わせ、遅延などの
可能性がありますし
バスやタクシーにも影響は出るでしょう。

特に、普段雪が降らないような地域の場合は、
雪に非常に弱いですから
それほど大雪でないような場合であっても
交通機関に大きな影響を出す可能性があります。

仕事や学校で交通機関を使っている場合は、
しっかりとその影響を考えて、
早め早めに対策をするようにしましょう。

交通事故などに繋がる

雪が降ると、交通事故に繋がる
可能性もあります。
例えば、車などは路面の凍結によって
スリップを起こし、大事故につながって
しまう可能性も十分にありますし、
普段慣れない状況での運転をすることによって
思わぬ事故を引き起こしてしまう可能性は
充分にあります。

また、自転車やバイクであっても
注意が必要で、
最悪の場合は転倒してしまった際に
命を落すようなことになってしまう
可能性も十分にあります。

自転車やバイク、車などを
利用する際にはいつも以上に
安全運転を心がけると共に
”無理をしない”ということが
大切になります。
危険だと感じた場合、
無理をして運転しないようにしましょう。

転倒に繋がる

徒歩であっても注意が必要です。
路面凍結などをしている場合、
つるっと滑って転倒してしまう
可能性は十分にあります。

気を付けていても急に
滑ってしまうこともあるので
注意するようにしましょう。

恥ずかしいだとかそのぐらいで
済めば良いですが
場合によっては大怪我に
繋がる可能性もありますから
転倒には気を付けるようにしましょう。

くれぐれも凍結した場所で
ふざけたりだとか
慌てて走ったりだとか、
そういったことはないように
注意して下さい。

雪かきなどの事故

雪かきなどの最中に
事故を起こしてしまう人も
毎年、必ずいます。
雪かきは確かに必要なことですが
その際にけがをしてしまったり
だとか、そういったことに
なってしまわないように、注意が必要です。

普通に転倒してしまう可能性が
あるのはもちろんそうですが、
屋根などの雪かきをしている際に
屋根から落下してしまって
大怪我をしてしまう、などということも
実際にありますし、
この点には注意をしなければいけません。

雪かき中に大怪我をしてしまっては
雪かきどころではなくなってしまいますから、
まずは安全面にしっかりと考慮して
雪かきをしていく、ということが大事なポイントに
なってきます。

積雪による事故

積雪によっても、被害が出てしまうことがあります。
どのような被害かと言うと、
例えば、ガレージの屋根が落ちてしまったりだとか、
そういった物損もありますし、
屋根から落ちてきた雪によって
運悪く怪我をしてしまうようなことも
あるでしょう。

積雪によって、色々な被害が
出ることもあるので、
雪が積もっていてすごいな~!
などと思っている場合ではなく、
注意するべき部分は注意を
しなくてはなりません。

危ないな、と思うような場所に
関しては近づかないように
することも大事なポイントですし、
雪の重みに耐えられなくなっているような
場所があるのであれば、
その点にも注意しなくてはなりません。

ただ、先ほど書いたように
「雪かき」による事故も起きていますから
そういった部分にも
注意をしなくてはならないのも事実です。

色々な部分に注意しなくてはならないので、
疲れてしまうとは思いますが
それでも、危険なものは危険ですから
注意をするようにしていきましょう。

家電などへの影響

家電などへの影響が出る可能性もあります。

私も実際に過去にあったことですが、
雪と気温低下によって
エアコンの室外機が上手く動作しなくなってしまい
動かなくなってしまったことがあります。
このケースの場合は、翌日にコンセントを一度抜いて
再度接続したところ、なんとか直りましたが
場合によっては雪が決定打となり
家電などに影響を与える可能性も0ではありません。

こればばっかりは本当に
どうにもできないことではありますが、
一応、頭の中に入れておくと、
良いかと思います。

雪崩などの危険性

場所によっては
雪崩が発生してしまう危険性も
充分に考えられます。
自分の地域に雪崩の危険性があるのか、ないのか。
このことはしっかりと把握しておいた方が
良いかと思いますし、
もしも雪崩の危険性があるのであれば、
しっかりと対応を考えておかなくてはいけません。

また、可能であれば
雪崩の危険性のある地域には
出来る限り近寄らない、ということを
心がけておくとより安心かと思います。

雪崩は、いざ発生してしまった場合
人間ではもはやどうすることも
できませんから、
自分の身を守るためにも、
一番最良の対策としては
「雪崩の起きそうな場所に近寄らないこと」に
なります。

やむを得ない理由がある場合は別ですが
そうでない場合は
なるべく近寄らないようにする、
ということが大事になります。

物流などへの影響

大雪によって、「物流」に影響が
出てしまう可能性は
充分に考えられることになります。

何かをネットで購入しているような場合、
到着予定日がその日であっても
雪の影響によって届かないようなことは
充分に考えられますし、
何か郵便物が届く予定でも、
それが届かなくなってしまう可能性は
充分に考えられることです。

また、コンビニだとかお店への
商品入荷も遅れる可能性があります。

こういった、人間への被害ではなく
物流への被害が出る可能性もあり、
大雪が続くような場合は
こういった影響が長期化して
場所によっては充分な食糧などが
無くなってしまうようなケースも
考えられますから、この点には
注意をするようにしなくてはいけません。

大雪の予報が続くような場合は
雪が降りだす前に必要なものを
予め購入しておく、ということを
心がけると良いのかもしれません。

まとめ

大雪による影響は
色々とあります。
見て楽しむのも良いですが
雪も、雨と同じように
場合によっては人間に牙をむく
恐ろしい自然現象の一つですから
その点は忘れないように
していくとともに、
なるべく危険な行動はとらないようにする、
ということも、大切なことの一つになります。

雪の多い地域、少ない地域とありますが、
どちらに住んでいる場合も
最低限の知識は身に着けておいた方が
良いでしょう。

コメント