停電はいつ復旧するの?復旧時間や時期を確認する方法は?

その他

停電…

日常生活で電気は欠かせないものに
なっていますから
数分、数時間単位でも不便に
感じる人は多いと思います。

が、地震や台風、竜巻などの
自然災害の影響で
場合によっては数日、数週間レベルの
停電が続くこともあります。

では「停電はいつ復旧するのか」を
調べる方法はあるのでしょうか。
その点についてを解説していきます

いつ、電気がつくのかを調べる方法

いつ、停電から復旧するのか。
これを具体的に調べることは
残念ながら難しいです。

例えば、雷によって停電した場合などは
短時間で復旧することが
なんとなく予想できるかとは思いますが、
それでも「何時ごろ復旧するか」というのは
具体的には分かりませんし
自然災害などで電気系統がやられてしまった場合に
関しては復旧するまでに
長い時間がかかってしまうようなことも
実際にあることです。

とは言え、停電が長く続くと
どんどん不安になっていきますし
「いつ電気が来るんだ!」と
不安になってしまいますよね。

少しでも時期のめどをつける方法が
あるのかどうかを見て行きましょう。

電力会社の発表

基本的に停電が長期化する場合は
電力会社から「どのぐらいで復旧するか」を
含めた発表があるかと思います。

なので、それが一番の目安になるでしょう。

ただ、とはいっても
「〇月〇日にに復旧します」だとか、
そういった具体的な話を聞く、
というのはなかなか難しく、
あくまでも曖昧な話でしかなく、
「大体1週間程度で」だとか
そのぐらいのお話しかないのも事実です。

が、何の目安も分からないよりかは
ある程度の目安が分かっていた方が
安心はできると思いますから
電力会社の発表などは見逃さないようにしましょう。

一応注意点として
作業の進行次第などでは
最初に言っていたことと、話が変わる可能性は
充分にありますから、
その点は注意した方が良いでしょう。

周辺の状況

周辺地域の復旧状況も
一つの目安にはなるかと思います。
だんだんと周辺地域の停電が解消されているのであれば
お住まいの地域の停電が解消されるときも
近づいてきていると考えても
良いかと思います。

ただしこれは
あくまでも希望的観測なので、
周辺地域の停電は全て復旧しているのに
自分の地域だけはなかなか…
ということも十分に考えられます。

が、周辺の地域が復旧している、ということは
電気が通るようになる可能性は
高まってきている、というのは
事実であるとは思います。

過去の事例

過去の事例などから
停電復旧の時期をある程度
予測することは可能で
あるかと思います。

地震の停電であれば過去の地震の事例、
台風による停電であれば過去の台風の事例、
それを参考にしてみるのも
一つの目安にはなるでしょう。

もちろん、それは過去の目安でしか
ありませんから、
実際に起きている停電が
過去と同じように復旧するとは
限りませんが、それでも、ある程度の
目安にはなるかとは思います。

文句を言っても復旧は早くはならない

自然災害による停電は
天災によるものです。
そのため、人的なミスによって
引き起こされた、だとかそういったものではありません。
この点は、よく覚えておく必要があります。

確かに、停電が長引くと、
かなりイライラは募ると思いますし
ストレスもたまると思います。
が、自然現象に怒りをぶつけることはできません。

そして、ぶつける場所の無くなった怒りを
電力会社に向けてしまう人は多く存在します。
その気もちは、とても分かります。

が、現実問題として
電力会社が好きで天災を起こしているわけではありませんし
天災とは予測外のことがつきものですから、
どんなに対策をしていたとしても
停電が発生してしまうような可能性は
充分にあることです。

そして、発生してしまった停電は
どんなに電力会社にクレームをつけても、
批判をしても、復旧が早まることはないでしょうし、
むしろ、そういった対応に時間がかかれば、
逆に復旧が遅れる可能性があります。

会社の上層部はともかく、
現場の人間は、とにかく一生懸命に
復旧作業に当たっていますから、
そういった人たちに
怒りの矛先を向けないようにする、
ということは大事なことになります。

最終的には待つしかない

最終的には、停電は復旧まで
待つしかありません。
事前に備えをしておくことも大事ですが
停電が長期化した場合は
その備えも役に立たなくなってしまいます。

停電していない地域に実家がある、だとか
避難できるアテがあれば良いですが
そういったアテがないような場合は
本当に苦しい状況になってしまいます。

が、停電はなかなか個人の力で
どうこうできるようなものではありませんから
その点はしっかりと覚えておき、
不便で苦しい生活にはなってしまいますが
最終的な対処法としては”待つ”ということしか
できなくなんってしまう、というのが、
一つの事実になってしまいます。

まとめ

長期化した停電の場合、
具体的な復旧時期については
ハッキリと分からない場合がほとんどです。

電力会社の発表などをしっかりと
確認しつつ、
一刻も早い復旧を願うことしかできません。

あとは、過去の事例や
周辺地域の復旧状況などから判断して
復旧を待つようにしていくしかありません。

基本的には、雷だとか
そういったものによる停電であれば
それほど長引くようなことは
ないとは思いますが、
地震だとか台風などで、
大きな損害を受けてしまった場合に
関しては、停電が長期化し、
最悪の場合は1か月近く続いたりだとか
そういったことが起きる可能性も
充分にあるのです。

コメント