計画運休になっても仕事を休めない!どうやって会社に行けばいいの?

台風

台風の接近に伴い、
計画運休が実施されることもあります。

台風は非常に危険なものですし、
混乱を避け、安全を確保するためにも
この判断は正しい判断でしょう。

しかし、綺麗事だけでは回らないのも
この世の現実です。
計画運休が行われようと
「とにかく来い!」という会社が
多く存在するのもまた事実です。

そういった環境に置かれたことのない人は
無責任にも「会社を休む勇気を!」などと
言いますが、なかなかそれが
できない人がいる、というのも
悲しいことですが現実です。

休めない 交通機関は動いてない ではどうする?

休めばどうなるのか。
最悪の場合はクビになる可能性もありますし
いじめに繋がる可能性もあります。
もちろん、法律上アウトですが、
汚い会社はそのようなこといくらでも
やりますし、上手く手回しすることなど
いくらでもできてしまいます。

転職もそう簡単にできるものではありませんし
本当に、休むことで人生壊れてしまうような
人がいるのも事実。
とは言え、台風が危険なのも事実であり
台風で命を落してしまう人がいるのも事実。

”台風で会社に行かざるを得ない状況の人”にとっては
計画運休は厳しいもの(計画運休自体は正しいことだと
思いますし、するべきだと思いますが)になりますし、
「休め!」「仕事に行くなんておかしい!」なんて
言葉を投げかける人は、
現実を見ていないだけです。

酷い会社は、本当に酷いのですから。
「そんな会社やめてしまえ!」と思う人も
いるでしょうけれど、
そうすれば人生壊れる人もいるのですから。

そのため、
闇雲に休め!休め!と騒ぐのではなく
「どうすれば一番身の危険が少なくて済むのか」
ということを、
酷い会社に勤務している身で
できる範囲の対策をしていく、
ということが大切なことになります。

ポイントを下記で解説していきたいと思います

休めるなら休むのが一番

上で色々と書きましたが
大前提として”休めるのであれば休むのが一番”で
あるということは忘れてはいけません。
上で書いているのは、あくまでも”どうしても休めない場合”に
限ったお話です。

”休めばいいじゃん”という人も
いると思いますが
本当にどうしようもない会社もあるのです。
そんな場合には、色々と考えて行く必要が
あります(後述します)が、休むという
選択肢があるのであれば、会社を納得させる手段が
あるのであれば、そうした方が良いのは確かです。

台風による影響を受けている際に
移動するのは危険なことであるのも
事実ですからね。

ですが、どうにもならない場合は
下記のように対処していくしかありません。

別の移動手段を用いる

計画運休により、電車が止まってしまう場合は
別の交通手段を模索するしかありません。
公共交通機関で言えばバスやタクシーになりますが、
もしも走っていたとしても非常に混雑していることが
予想されますし、走っていない可能性も
ありますから、その点は注意しなくてはいけません。

それもダメなら「車」が選択肢になります。
車も、台風の際には危険を伴いますし
公共交通が止まっている場合渋滞も
予想されますから、安全運転と時間に余裕を持って
行動していくことが大事になります

車を運転できない、持っていない場合に関しては
徒歩、自転車、バイクが残りの選択肢になりますが
自転車、バイクは正直、相当危険なので
やめた方が良いです。
と、なると残りは徒歩になりますが
徒歩も危険なことには変わりありませんし、
会社への距離がある場合、徒歩は現実的ではありません。

そのような場合は、
当日の移動をあきらめる、ということに
なるかと思います。

前日から近くに宿泊する

非常に嫌な方法ではありますが、
当日の移動が困難であると判断した場合、
前日からどこかに宿泊するしかありません。

会社に宿泊できるのであれば
会社に宿泊するのも一つの方法に
なるかと思いますし、
台風の日に来い!と言っているような
会社であれば宿泊できるような環境であれば
宿泊ぐらいはさせてくれるかと思います。

ただ、どうしても会社で宿泊もできない場合は、
残る手段としては、
近くのビジネスホテルを利用するか
漫画喫茶やネットカフェなどの理由、
知り合いの自宅が近くにあるのであれば
そう言った場所なども利用していくしかありません。

なお、翌日の台風に備えて
そういった場所を利用する人は
多いですから、部屋がいっぱいに
なっているなどして、
利用できない可能性も十分にありますから
早め、早めに手配しておくことをおすすめします。

費用については
必ず会社と相談してみてください。
本来、会社のためにビジネスホテルなどを
利用するのであれば、会社がその費用を
負担するのがふつうです。
そのため、確認を取ってみて、
可能であれば会社に経費として
負担してもらうようにしましょう。
経費で落ちるのかどうか判断
出来ない場合に関しては
念のため領収書をホテルに
貰っておくようにしましょう
(領収書がないと、仮に経費で落ちるにしても
負担してもらえなくなってしまいますからね)

ちなみに、酷い会社だと
経費も出ずに自己負担の可能性もあります。
台風で計画運休になるような状態でも
出勤を命じる会社は、
むしろ、この可能性も高いかと思います。

当日にどうにもならない状況を作る

あとでねちねち言われる危険性も
何らかのペナルティを受ける可能性も
ありますが、当日に”努力したが行けなかった”という
雰囲気を演出して休む方法はあります。

当日、出勤時間前に会社に連絡を入れて、
”会社に辿り着けない”旨を伝える、ということですね。
事前に言っても分からない会社には
こういう強引な手段を使うしかありません。

ただし、「何で近くに宿泊しなかったんだ」だとか
「気力で来い!」だとか、本当にどうしようもないの底にまで
到達してしまっているような会社もありますから
そのような会社にこの方法を使う場合は
それなりの覚悟もしておかなくてはいけません。

なお、電話している最中にパソコンなどで
駅の環境音などをかけておくと
”駅に行った”という演出をすることもできます
(バレないように注意 バレない保証はできません)

仕事を変えることも視野に

どうにもならない場合は
仕事を変えることも視野には入れておくと
良いかもしれません。
そう簡単に転職なんてできる時代ではありませんが
もしもアテがあるのであれば
転職を検討するのも一つの方法ではあります。

また、クビ覚悟であるのであれば
台風接近で強引に休んでしまうのも方法の一つです。
体調不良でもなんでも、適当な理由をつけて
休むのも良いですし有給休暇を取得するのも良いです。
ただ、そのあとのことは覚悟しておかなくてはいけません。
台風でも絶対に来い!というような会社は
何をしてくるか分かりませんし、
やろうと思えば社員一人を退職に追い込むことなんて
実は簡単なのがこの世の中です。
そう、難しいことではないのです。

強引に休むや、会社と口論するのであれば、
クビも覚悟しておかなくてはいけません。
”法律上クビはありえない”だとか、
仕事に行かない勇気を!なんて言ってる人は
無責任です。

クビになることもありますし
勇気を出して生活壊れることだってあるのです。

だからこそ、現実を言うのであれば
台風で会社と口論したり、強引に休むなら
クビも覚悟しなくてはいけない、ということです。

まとめ

台風の際には休めるようにする、
これが本当は理想の姿です。

ですが、世の中には利益しか
考えない会社が多いのも事実。
なかなか綺麗事だけでは
世の中回らないですし
「会社にいくやつはおかしい」なんて
言っている人は所詮他人事としか
思っていない人でしょう。

現実は、厳しく、汚いものです。

コメント