大雪の中、徒歩で移動する場合の注意点は?ポイントを解説!

雪関係

大雪の際には
できれば外出しないのが一番安全では
ありますが、そうも言ってられないような
ときもあるかと思います。

そのような時にはやむを得ず、
雪の中を歩くようなことに
なってしまう場合もあるでしょう。

ただ、雪の中を歩く、ということは
危険を伴うものになります。
転倒してしまったりすることもありますし
何らかの事故に巻き込まれてしまう
可能性も十分にありますから
注意して移動しなくてはいけません。

どのような点に注意をすればよいのかを
解説していきたいと思います。
しっかりと身の安全を守りつつ
ケガをしないように移動していくようにしましょう。

雪の中を歩く際の注意点

雪の中を歩く際の注意点を
それぞれ見ていきましょう。
雪がどの程度降っているかにもよりますが
油断しているとケガをしたり
想定外の事態になったり
目的地に時間通りにたどり着けなかったり
そういったことになってしまう可能性も
十分にあります。

そうならないためにも、
下記のようなポイントに注意して
移動していくようにしましょう。

慎重に歩く

雪が降っている時に外を歩くのであれば
「慎重に歩く」ということが大切になります。
いつものように普通に歩いていると
つるっと滑ってしまい転倒してしまう
可能性は十分にあります。
「自分は大丈夫」などと思っていると
本当に危険ですから、慎重に移動
していくようにしましょう。

間違っても走ったりだとか
ふざけた感じで歩いたりだとか
そういったことはしないように
していきましょう。

また、路面凍結している箇所や
雪が積もっているような場所を
移動するような場合は、より注意して
移動していくようにしましょう。

靴などに注意する

雪の中歩く場合は、
雪に適した靴を選ぶようにしましょう。

雪用の靴があるのであれば
それでよいですが、
そういったものがないご家庭も
多いかと思います。
その場合は「できる限り歩きやすい靴」を
選ぶようにし、
ヒールだとか、歩きにくい靴を選ばないように
することも大切なポイントの一つです。

自分の一番歩きやすいものを
選ぶようにしていきましょう。
なお、雪の中を歩くとどうしても靴は
汚れますし、場合によっては靴の中に
水が入り込んでしまって靴下まで
濡れたり汚れたりしてしまう可能性は
十分にありますから、
汚したくないものなどは
できる限り避けたほうが良いかもしれませんね。

危ない箇所は回避する

危ないと感じる場所に関しては
少し遠回りになったとしても
回避するのも大事なポイントです。
明らかに積雪量が多かったり
道路一面凍結しているような箇所は、
回避するようにしたほうが良いでしょう。

結局、そういった危ない場所を通過するとなると
ゆっくりと歩くことになるでしょうから、
時間もかかってしまいますし
転倒してケガでもしてしまえば、
その分時間がかかることになってしまいます。

多少の遠回りであれば仕方がない、ぐらいに
思っておいたほうが良いかと思います。

落ちてくる雪に注意

屋根に積もった雪や
電線に積もった雪が
落下してくる可能性も考えられます。
偶然、その落下地点に居合わせれば当然のことながら
ケガをしてしまう可能性は十分に
考えられますから、そこの点には
注意をしたほうが良いでしょう。

特に、屋根から落下してくる雪は
場合によっては結構な勢いに
なることもありますからしっかりと注意を
していくことが大事になります。

「あの雪、落ちてきそうだなぁ」というのは
見れば大体わかると思いますから
そういった部分を通過する際には
注意したほうが良いですし
近寄らなくても済むのであれば
なるべく近寄らないようにしたほうが
安全を確保できるかと思います。

いつもより時間がかかる

時間には余裕をもって行動するようにしましょう。
雪の中移動していく、となると
ほぼ確実にいつもより時間がかかることになりますから、
その点に注意が必要です。

いつもと同じ時間に家を出たのでは
目的地に時間内にたどり着くのは
難しいと思いますから、
時間には余裕を持って家を出ることを
おすすめします。

目的地が近くの場合は大した差は
出ないと思いますが
長距離であれば、相当な時間が
かかることになります。
場合によっては倍近くの時間が
かかるようなケースも本当に
ありますから、時間配分には
しっかりと気を付けるようにし、
時間には余裕を持って行動するように
してください。
いざ、「間に合わない!」となってからでは
遅いですから注意しましょう。

冷えないように注意

歩いて移動するとなると、
寒い中、長い時間移動することになります。
そうなってしまうと
体が冷えてしまったりだとか
そういったことも予想されますし、
風邪をひいたり、体調を崩したりと
いったことに繋がってしまう可能性も
十分にあります。

そうならないためにも
雪の中を(特に長距離)移動する場合は
しっかりと防寒対策をして
移動するように注意しましょう。

足元などが濡れるので注意

雪の中を移動すると
どうしても足元が濡れてしまいます。
長距離移動するような場合は
ズボンや靴下、靴などが
びしょ濡れになってしまうことが
予想されます。

目的地に到着したあとでも
そのままの状態だと
気持ち悪いと思いますから
着替えなどを持って行っておくと
より安心であるかと思いますし
気持ち悪い思いをしなくて
済むかと思います。
しっかりと自分なりに
必要な準備をしておくようにしましょう。

夜の場合は特に注意

夜の場合は視界が明るい時間帯よりも
はるかに悪くなっています。
その分、転倒などの危険性も
さらに高くなっていますから、
明るい時間帯以上に注意を
していく必要があります。

特に、路面凍結している箇所は
非常にわかりにくいですから
注意深く路面の状況を
確認しながら移動をするようにしましょう。

本当に、夜だと路面凍結も何も
見えにくくなっていますから、
その点はよく覚えておき、
注意するようにしてください。
くれぐれも走ったり、油断したりだとか、
そういう危ない移動の仕方はしないようにする、
ということが大事になりますね。

ほかの交通機関も検討

徒歩が危険だと感じたら
他の移動方法も検討していくことが
大事になりますね。

徒歩だと時間もかかってしまいますし、
危険性もあります。

そのため、ほかの移動方法があるので
あれば、そういった方法を検討
してみるのも良いですね。

他の移動方法としては
動いているのであれば
安全なのは「電車」です。
ただ、電車は積雪等により
動いていない可能性もありますから、
運行状況に関しては
しっかり確認をするようにしてください。
結構、止まっていることもありますからね。

車も有効的な移動方法にはなりますが
チェーンなどを利用しないと大変危険ですので
雪用の装備が用意できない場合は
車での移動は控えるようにしましょう。

「自転車」「バイク」に関しては
場合によっては徒歩以上に危険に
なってしまいますから、できれば
控えたほうが良いと思いますね。
転倒の危険性も高いですし、
最悪の場合は転倒して車に
ひかれたり、逆に人に接触してしまったりという
ことも起こりかねないので、
できる限り自転車やバイクでの
移動に関しては、避けたほうが良いでしょう。

まとめ

雪が降っている際に徒歩で移動
する場合は、上記のようなことに
しっかりと注意して移動していくようにしましょう。
場合によっては大きなトラブルに
巻き込まれてしまう可能性も十分に
ありますから、しっかり注意して
移動する、ということを忘れないようにするとともに、
危ないと感じるのであれば、くれぐれも無理を
しないようにしましょう。

コメント