地震が減った気がする?そんな場合に考えられることと注意点!

地震

「最近、地震が減った気がする」
そんな風に思うことも
あるかもしれません。

もう安心だ!と思う人もいるかもしれませんし、
地震が少なくなって何か不気味だなぁと
思う人もいるかもしれませんが
実際のところはどうなのでしょうか?
疑問に感じやすそうな部分と
注意点についてを、それぞれお話
していきたいと思います!

地震が減っても、深い意味はない

基本的になことを最初に
お話してしまうと、
”最近地震が減った”気がする、
あるいは実際に地震が減っていたとしても
それに深い意味はありません。
そもそも地震活動は人間が決めているものでもなければ
プログラミングのように決まったことが
実行されているわけでもありませんから
「増えたり」「減ったり」するものです。
完全に決まったパターンで来ることはありません。
常に変化しているものなのです。

そのため、地震が増えることもあれば
減ることもありますし、
これらは自然の活動です。
つまり、地震の回数が減っていたとしても
”それに深い意味はない”ということです。
たまたま地震が少ないような時期もあれば
多いような時期もある、というだけのことですね。

地震が減ったような気がしても
それに深い意味はない、というのが
答えになります

エネルギーを貯めているのではないか?

地震が少なくなっていると
エネルギーを貯めているのではないか、と
不安になる人もいるかと思いますが、
これは、心配しても無駄なので、
心配する必要はありません。

と、言うのも小さい地震が来ていても
大きな地震とのエネルギーは
比べものにならないため、
例えば震度1の地震が1か月で1000回
来たとしても全然エネルギーの消費になど
なりません。
そのため、細かい地震がいくら来ていても
「貯まっているエネルギーが消費されて
大きな地震は発生しなくなる」
などということはありません。

なので、小さな地震が定期的に起きていても
最近ぱったり地震が来なくなったと
感じていても、これに関しては
あまり関係のないことですし、
エネルギーが蓄積されている云々は
あまり気にするようなことではありません。

震度7は震度1の7倍のエネルギーでは
なく、天文学的な数字が並ぶことになります。
”地震が最近来ていない”という状況が
大きな地震に繋がる、ということは
あまり考えられないことですから
心配する必要はないでしょう。

このまま来ないのではないか?

逆に、これも危険な考えです。
地震が少なくなってくると
「このまま地震が来ないのではないか」と
安心してしまう人もいるかもしれませんが
そんなことはありません。
たまたま地震の活動が活発化するときもあれば
たまたま地震の活動が沈静化していたり
少ないと感じるようなこともある、
というだけのことです。

地球上に住んでいる限り
”地震が絶対に来ない”ということはありません。
どこの地域であっても、どんなに地震が
少ないような地域であっても、
ある日突然地震が発生する可能性は
十分にありますから、
その点は忘れないようにし、
神経質になりすぎる必要はありませんが、
日頃から、”地震が来る可能性は0ではない”という
意識は持っておいた方が良いでしょう。

「絶対に来ない」と過信してしまうのはNGです。

根拠のない情報に惑わされないように

最近、地震が来ないなぁと感じる際に
根拠のない情報に惑わされないようにして下さい。

”最近地震が来ていないのはエネルギーが蓄積されて”とか
何の根拠もないことを言いだすような
悪質なサイトや週刊誌なども存在するのが事実です。
そんな事実は存在しませんし、
地震が少なくなっていたからと言って
上でも紹介したように、それが地震に繋がるわけでは
ありませんし、逆に地震が多くても、
エネルギーを消費できている、だとか
そういったことではありません。

この点は勘違いしないようにすること、
そして惑わされないようにすることは
とても大事なことになるのです。

地震発生後は地震が減る…わけではない

少し大きな地震が発生したら
しばらくは地震が来ないだろう、と
勘違いする人もいますが
これは全くの間違いです。
地震のエネルギーが放出されたから
しばらくは来ない、なんてことはなく
上でも書いたように、
中途半端な強さの場合、
大きな地震の半分ほどのエネルギーすら
放出できていないので、(厳密に言えばもっともっと下です)
全く足しになっていない、というのが事実ですし、
2011年の東日本大震災を見れば分かるように
大きな地震が発生したあとには大量の余震が
発生することもありますし
連鎖して近くや別の場所で地震が発生する可能性もあります。

そのため、地震発生後には
地震の回数が減少する、だとか
しばらく来ない、とかそういうことではありませんし、
他の地域で大きな地震が発生したから
しばらく自分の地域には地震は来ないだろう、というのも
間違いです。
大きな地震の発生率は、確かに全体的な地震の数から
すれば相当少ないのですが
それでも、偶然が重なったり、刺激されたりして
地震が連発してしまうようなことは、実際にあることです。

まとめ

「最近地震が来ないなぁ」という場合も
それはあくまでも偶然である、と思っておくのが
一番確実な考えであると思います。

当然、そのまま地震が来ない時期が
しばらく続く可能性もありますし、
逆に大きな地震が発生する可能性もありますし
細かい地震が頻発する可能性もあります。
常に、どのようなことが起きるか分からない、
というのが地震ですから
その点はよく覚えておきましょう。

コメント