寒くても雷は鳴るの?寒い日に鳴る雷の注意点は?

寒い日でも雷が鳴ったりすることはあるのかどうかを解説していきます。雷と言うと、夏や秋、暑い日などが中心と言うイメージが強い人も多いと思いますが、あくまでもその可能性が下がるだけであり、条件が揃ってしまった場合は、寒い日でも発雷することはあるのです。
地震

「今後1週間は注意」のような、地震後の注意喚起で気を付けるべきこと

「今後1週間程度は余震に注意」というような呼びかけが規模の大きめな地震が発生した際には行われることがあります。しかしながら、この言葉はあくまでも「目安」であることを忘れてはいけません。大事なポイントと、注意するべき点を解説していきます。
台風

台風の「上陸」とは?接近や通過との違いも解説!

台風における「上陸」とは何か。上陸扱いになる条件を解説するとともに「通過」や「接近」との違いについても、それぞれ解説していきます。台風が絶対に「上陸」することのない地域についてや、気を付ける部分などについても、それぞれお話します。
地震

地震のマグニチュードの最大値は?今までの最大値はどのぐらい?

震度とは違い「上限」が明確になっていないマグニチュード。マグニチュードの最大の数字とはいったいいくつなのでしょうか。上限はあるのかどうかを解説していきます。また、過去の地震で最大規模のマグニチュードはいくつだったのかも、お話していきます。

雲放電とは?落雷との違いはどんな部分?危険性はあるの?

雷が鳴っている際には、大きく分けて「落雷」と「雲放電」と呼ばれるものが存在します。どちらも雷鳴が聞こえること自体は同じですが、光具合や危険性、被害が出るかどうかなどの部分が大きく異なります。雷の雲放電の特徴と注意点を解説していきます。

早朝からの雷!注意点やポイントを解説!身の安全を守るために…

早朝から雷が鳴るようなことも、稀にあることです。雷の鳴りにくい時間の一つであることは確かですが、それでも、大気の状態によっては朝から雷が鳴っているようなことも…「早朝」の雷ならではの身の安全を守るためのポイントや注意点を解説します。
地震

茨城県沖の地震を詳しく解説!大きな地震の危険性や、普段の活動を解説!

「茨城県沖」を震源とする地震は度々発生しており、小規模なものから、中規模なものが発生すること自体はそれほど珍しいことではありません。頻発している場合心配する必要はあるのかどうか、過去に大きな地震が来たことはあるのかどうかなどを、解説していきます。

寒気予報とは?参考にする際のポイントや注意点!

上空の寒気の状況を確認することのできる「寒気予報」。ごく一部ではありますが、そういった予報を見ることができるサイトやサービスもあります。実際に寒気予報を利用する際のポイントや注意点をまとめました。また、寒気による天気への影響も、解説します。

雷三日とは何?原因や対処方法をそれぞれ解説!

雷が一度発生すると、発生しやすい状況が数日続く…という状況を現した言葉が「雷三日」と呼ばれる言葉です。この言葉の意味や、どうして数日間続けて雷が発生しやすい状況になってしまうのか、対処法は何かないのかどうか、それぞれ詳しく解説していきます。

上空に寒気が流れ込むとどんな影響が出るの?注意点は?

上空に「寒気」が流れ込むと、天候にどのような影響を与えるのかを解説します。上空に寒気が流れ込むと、大気の状態が非常に不安定になる傾向にあり、急な強い雨や雷雨・突風などをもたらす可能性が高まります。その理由や注意すべき時間帯を解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました